新規会員のご紹介

ここでは、新規特別 (法人) 会員様を中心にご紹介するページです。

PDF Word
作成要項

2017年新規特別会員



日本電子株式会社 (https://www.jeol.co.jp/)
日本電子は、戦後間もない1949年に科学技術の発展に貢献する会社を目指し、電子顕微鏡の開発・製造会社として設立されました。英文名はJapan Electron
Optics Laboratory Co.,Ltd.の頭文字をとってJEOLと命名。その後、分析機器、医用機器、半導体機器などにも事業を拡大し、グローバルに展開する販売・サ
ービスのネットワークを通じ、世界的なハイエンド機器メーカーとしてお客様より高い評価を頂いております。また、受託分析業務も積極的に展開しておりま
す。製品評価、不良品解析などお困りの際にはご活用ください。詳しくはホームページをご参照ください。(リニューアルされました。これまでの無骨なイ
メージからの脱却を目指し頑張っています。ぜひ、ご覧ください。)

jeol




グンゼ株式会社 エンプラ事業部 (http://www.gunze.co.jp/epd/)

エンプラ事業部では、フッ素樹脂やポリイミドといったエンジニアリングプラスチックの加工品の製造販売しております。
主には、半導体業界向けの各種のフッ素樹脂製品や複写機やプリンタなどのOA機器や産業分野の製造工程で使われる機能部品を製造しています。
定着ベルト/ロール用フッ素薄膜チューブ、転写ベルトはOA機器分野に革新をもたらし、高画質印刷を可能にし、産業分野で使用される機能部品では、
汚れ防止などの品質保持を手助けするなど、お客さまのニーズに応じた、より質の高い製品を開発しています。

gunze




ポリプラスチックス株式会社 (https://www.polyplastics.com/)

私たちポリプラスチックスは、エンジニアリングプラスチックの代表格であるポリアセタール(POM)を日本で初めて製造した
「エンプラ」のエキスパートです。1962年の創業以来一貫して行ってきたことは、単に材料を供給するだけではなく、最適な技術
ソリューションの提供を通して、お客様のより良い製品づくりのお手伝いです。設計・加工・製品などの50年以上に渡る膨大な
バックアップデータを基に、お客様に設計の段階から最終的な量産まで、幅広く、きめ細かくサポートできる点と、製品の品質そのものが
持つ信頼性が私たちの強みです。現在はPOMのほか、PBT、PPS、LCP、COCなどのエンプラ製品の製造・販売を、グローバルに
展開しています。「お客様の期待以上の価値を提供する」 それがポリプラスチックスの信念です。




クミアイ化学工業株式会社 (http://www.kumiai-chem.co.jp/)

平成29年5月1日にクミアイ化学工業はイハラケミカル工業と合併致しました。
これまで両社は共同で新農薬を創製、開発し、事業を進めてまいりました。
中核である農薬事業は農業改革、世界的な人口増など国内外で大きな事業環境の変化の中にあります。
今後は、農薬・化成品事業の最大化を図るため、両社の強みを発揮しシナジー効果を高めることで、
企業価値向上、ステークホルダーの利益につながる持続的な成長を目指します。